意思決定能力が低い人の面倒まで見ることはない。

こんにちは。another sense.の中の人です。

 

今回はちょっと趣向が違いますが、こんな人には注意っていう意味で、書こうと思います。

 

先日、仕事先でこんなことを執拗に言う女性がいました。ちなみにその女性とはプロジェクトを実行するために集まっただけです。

 

女性「(私は)どうすればいいですか?」

 

私はその女性の上司でもないので、指示はせず幾つかの提案を出しました

 

そしてその女性はこうも言います。「じゃあ、(その提案の中の)どれをやればいいですかね?」

 

…いや、知らんがな。

 

そもそも、提案をすること自体、ある意味おぜん立てをしているのと同じだと思いました。なぜそれを求めるのでしょうか。

 

なので、私が出会ったその女性の特徴を書き出してみました。

1、決められない。

2、おぜん立てがないと拗ねる。(前はやってくれたのにと言い張る)

3、何かを訊ねても回答がおかしい。

4、感情が薄い。(何を考えているのか分からない)

 

あなたの周囲にもいませんか?

もし、出会っていたら距離を置きましょう。

意思決定は頭の労力を必要とします。

今、これを読んでいるあなたはそういった人に悩まされているかもしれない。

他人の意思決定まで引き受けるだけの労力と責任を負えるのでしたら良いのでしょうが、大抵の人は無理です。

あとはきちんと「NO」と言える人になろう

かの、スティーブジョブズ氏の名言にもあります。

『重要なことに集中する唯一の方法は「ノー」と言うことだ。』

どんなに、相手がごねても、“前はやってくれた”と言っても無理なものは無理とはっきり断りましょう。

そしてこう言うのです。

「それは、あなたが決めることですよね?」

 

 

 

早朝散歩の習慣が私にもたらしたもの。

こんにちは。another sense.中の人です。

 

コロナ渦で外出を自粛生活が続くと、体がなまって気持ちが沈みがちになりますよね。

ランニングも良いのですが、運動習慣がないと中々続きません。

でも散歩ならば、軽い運動にもなるしウエアなども特に必要ありませんし、誰でも簡単に始められますよね。

今回は、早朝に散歩することで私の身にもたらしたことを3つご紹介したいと思います。

 

1、早寝早起きが習慣化される。

朝早く起きるのを習慣にすることでゆとりのあるルーティーンを送れます。

以前は仕事に行くぎりぎりまで寝ていた私は、良く忘れ物をしていましたが、時間にゆとりが出来てほとんど忘れ物することはなくなりました。

 

2、新鮮な空気を吸い、朝日を浴びることによって気持ち的にやる気が上がる。

日光を浴びることによって免疫力を増強させるビタミンDや幸福度が上がるセラトニンが上がることでやる気が断然上がります。

 

3、朝歩くことによって頭がすっきりして集中力が増す。

健康に良いことはもちろん、気分をポジティブに上げてくれます。

 

以上です。

因みに、散歩といっても、10分位の短い時間でも良いし、へとへとになるまで歩くこともなし。

天気が良くない日や体調が悪い日は休んでも良し、休日にはそのままモーニングを食べに行ってもいい。

日々、ゆる~く続けられながら朝を楽しんでいます。

その他、朝の楽しみ方があれば教えてください。

 

 

 

 

ページトップへ戻る