ハンドメイドアクセサリーを撮影するための簡単DIY(初心者向け)

こんにちは。another sense.の中の人です。

ハンドメイドで作品を作ったら、それをを見てもらいたい。販売したい。

そう思う人はまだまだたくさんいるのではないでしょうか。

ハンドメイド品を通信販売することは今じゃ敷居の高いものじゃないですよね。

ネットでの販売はやはり商品の画像が命。

見栄え良くしたい。

家の中のモノは写したくない。

でもどうやればいいのか分からない。

そんな方のために、安く簡単に出来るミニスタジオを紹介します。

★材料★

A4プラスチックファイルケース

適度な長さの紐

A3またはB4の厚紙

釘・ペンチ・釘を熱するためのロウソクの火(穴をあける道具)

 

A4プラスチックファイルケースの

側面に穴をあける。

(今回はロウソクの火で釘の先を熱し、

その熱で穴をあける。他にも穴あけ用具を使うのもOK)

 

 

あけた穴に紐を通して適度な長さで留める。(画像参照)

 

A3の画用紙を挟みこめば出来上がり。

画用紙の代わりに布をかけることも出来ます。

次は応用編を紹介します。

 

2020年1月20日より立体アート作品を展示しています。

こんにちは。another sense.の中の人です。

この度、神楽坂にある店舗(神楽坂Renatus cafe)にて、作品を3ヶ月限定で展示が決まり、ただ今展示しています。

今回、3ヶ月限定ということで1週間から2週間ごとに展示内容を変えようと思いました。

そして第1弾がコチラ

神楽坂の地域を知る人は分かるかもしれませんが、坂道の途中にあるカフェの窓際にての展示になります。

今回の展示の目玉はコチラ

フォトアートを布にプリントし、それをスカートに展開しました。

所謂ディスプレイアートになりますかね。

今回、another sense.としては初の試みになります。

作者自身が、以前舞台の衣装屋を経験している経験から実現したことです。

2月になったら、また別のパターンの展示を展示する予定です。

 

 

 

 

ページトップへ戻る