アーティスト・クリエイターが使える可能性のある芸術活動の助成金・補助金

こんにちは。

私は昨日、

『アーティスト・クリエイター』が使える文化・芸術活動の助成金・補助金/確定申告セミナー』に行きました。

お金系や自己啓発系のセミナーはよく聞いたことあるのですが、芸術活動に深く関わるセミナーがあるとは知らなかったので、コンテストでお世話になったラフストーンさんの主催ということもあり、思い切って参加してみました。

そこでは、行政書士さん、税理士さんの方々からすごく為になる、それこそ学校では絶対に教えてくれないようなことを教えて頂きました。

 

ざっと説明すると…。

まず、『助成金と補助金』のこと。助成金・補助金と融資との違いの説明。

そんな助成金・補助金は

国や地方公共団体はそれぞれの政策のために、民間企業は社会貢献や企業イメージの向上のために出資されるものということ。

そんな、助成金や補助金を受けるメリットは

●活動の幅が広がる。

●活動に対する信頼性が向上する。(当然審査があるからね)

そして、過去に実際受給された具体例の紹介。

また抑えておきたい基本(デメリット??)

●助成金・補助金を出資する政策のための趣旨・目的・対象を考慮する

●全額支払われる訳ではなくほとんど後払い

●事前の審査と事後の審査がある

その上で、助成金・補助金を受給するための準備や申請の仕方、審査が通過した後、実施し、受給までの流れの解説。

申請書作成のポイント。

受給決定後の注意点。

最後に、

アーティスト・クリエイターは個人事業主であり、小規模事業者という視点から確定申告への説明に続いていきました。

確定申告に関しても、今さら聞けないことなども税理士さんに聞くことが出来ました。

知らないと損なとても大切な情報を頂けたと思います。

今後も、芸術活動に関わらずお金の現実はついてまわります。今後より良い活動していくための自分への投資(お金ということではなく知識)と思いました。

そして今回、芸術活動に力になろうと頑張ってくれている行政書士さんや税理士さんの方が存在しているということも大いに励みになりました。

今後も、アーティスト・クリエイターのためのセミナーなどの情報があればシェアしていきたいと思います。

ページトップへ戻る