【中の人のよもやま話】ライブ・エンターテイメントEXPOレポート

こんにちは。another sense.の中の人です。

今回、2月21日から23日までの期間に幕張メッセ開催されるライブ・エンターテイメントEXPOに行ってきました。

このライブ・エンターテイメントEXPOとは、ライブ・演劇・コンサート・ショーイベントなどに活躍するすべての製品やサービスを提供する業者さんが一同に集うイベントです。

IMG_20180221_135320924IMG_20180221_134758089

エンターテインメントを通して地方創生を考えた提案をされる企業や地下アイドルのプロデュースやショーも開催。

中には動物などもお目見え。

IMG_20180221_134531717

かわいいですね(*’ω’*)

IMG_20180221_134522155IMG_20180221_134543124_2

動物はエンターテインメントでは最強アイテムになります。

IMG_20180221_134909083IMG_20180221_134940262IMG_20180221_134946737IMG_20180221_134955156

鏡の向こうの世界とのギャップがたまりません。

どうなっているの???

IMG_20180221_141820377

タイムスリップしたみたい。

実際、色んな体験が出来るコーナーもたくさんあり、正直言って楽しいです。

IMG_20180221_140927924IMG_20180221_140956219IMG_20180221_140950569

不肖ながら、中の人もつい体験してしまいました。

ロボットアームで手元のグリップのボタンで指を動かす仕組みです。

他にも、クオリティ高い演出部(ヒカリや映像の演出)のコーナーもありとても興味深いイベントでした。

こちらのイベントは一般人には(チケットがない人の)入場料5000円とハードルが高いものなので中々体験することはないかもしれませんね。

有意義なひと時でした。

開催情報

開催期間;2月21日から23日(最終日)

開催時間10:00~18:00(最終日のみ17:00終了)
会場;幕張メッセ
招待状がない方は入場料5000円

 

 

 

 

 

 

 

 

人生にとつて健康は目的ではない。しかし最初の条件なのである。

『人生にとつて健康は目的ではない。しかし最初の条件なのである。』

                         武者小路実篤

 

武者小路実篤さんの著書、人生論からの引用です。

みなさんの幸せの定義はなんですか?

結婚?子ども?仕事?出世?…

色々あるかと思いますが、なんといってもまず健康で五体満足がありがたい。

今の時代、外を歩けばPM2.5や花粉、排気ガス。

食べる物も今や添加物、農薬、化学肥料、遺伝子組み換え食品のオンパレード。

いつも手の中にあるスマホからは電磁波とブルーライト。

人間関係にもストレス。

こんな中で、立ってどこでも歩ける足、食べたいものを食べる口、見たいものを見る目、等々と出来ること沢山ある。

何においても健康であることは素晴らしいと思います。

けれども、忘れてはいけないのが決して当たり前のことではないということ。

つらい時こそ、思い出して欲しい。

自分が健康で五体満足であることに。

 

★あなたのペットの素敵なオリジナルブランドグッズを

お作りしませんか?

まずは、

かわいいペットの撮影

IMG_20171026_204643749

こんな感じ。

そして、どんな感じにするかを一緒に相談しながらデザイン。

IMG_20171026_204643749_20171028195947668

この時には、三角、丸、スクエア型などにも可能。

あなたの好きな形にアレンジ。

それを、オススメグッズにしたのがこちらのイメージ。

getImage

このように、トートバッグやTシャツなど、かわいいペットの

オリジナルブランドの出来上がり。

 

★もしご興味ある方、まずはお話だけでもどうぞ。

詳細などのお問い合わせはcontactにて受付中!

 

 

 

 

 

 

【中の人のよもやま話】もはや準レギュラーになりつつある朝活参加しました。

こんにちは。anothre sense.です。

久しぶりに2/13に朝活参加していました。

今回は自分のサービスを紹介というテーマでそれぞれが8分間のプレゼンをするというものでした。

みなさんはプレゼンというと何を想像しますか?

ギリギリまで資料を作成し、どうアプローチをかけるか考えながら話の筋道をたてていざ本番!!

なんて感じですかね。

とっても緊張しますね~。

20年くらい前の大きなビル内にある会議室ではそういうことは行われていたかと思います。

…そういうのって堅苦しくてつまらなくないですか?

今は個人が際立つ時代。

プレゼンの醍醐味は、どれだけ聞いてくれた人に楽しくアプローチできるか。

そして相手に少しでも心に何かを残せるか。

なので、自由な発想での表現、パッション(情熱)でのプレゼンはとても勉強になります。

尚且つ低いハードルで実践を積むことができるのが素晴らしい。

というわけで参加しました。

27657713_1704683459626475_7430358070468428836_n

ジュエリーデザイナーの田中オリエさんと結婚仲人さんをしていらっしゃる横山真理子さんとご一緒させて頂きました。

27751508_1704683462959808_8100836722483355589_n

プレゼン後にはみんな親しくなってお互い質問したり、こうしたら良いのではないかというひらめきがあったりして有意義な時間を過ごせました。

27749954_1704683519626469_6637613279480567648_n

小人数でのプレゼンは心理的ハードルが低い上に練習になるし、尚且つ女性同士ならではの、男性に在りがちな堅苦しさがない分お互いのサービスに関して質問しやすい環境にあります。

自分の人生の幅を広げるためにも朝活、参加してみてはいかがでしょうか。

~参加した朝活~

【武蔵小山朝活】東急目黒線 武蔵小山駅にて毎月1回朝活を行っています。

【番外編】ブリューゲル展体験レポート

こんにちは、another sense.です。

1月23日から東京都美術館で開催されております、画家一族150年の系譜ブリューゲル展に行ってまいりました。

IMG_20180207_160057877_2

ブリューゲル一族の親ピーテル・ブリューゲル1世、子ピーテル・ブリューゲル2世/ヤン・ブリューゲル1世、孫ヤン・ブリューゲル2世、ひ孫アブラハム・ブリューゲル/ヤン・ファン・ケッセル1世等々とまさに画家一族の作品が約100点連ねていました。

そそのほとんどが個人蔵(プライベートコレクション)であり日本初公開っていうのがまたすごい。よくそろえられたなという印象です。

 

最初に入ると宗教と道徳というテーマにてキリスト関係の絵画が並ぶ。

この時代、宗教画にて人々に伝えるという役目が絵にはあった。なので、モチーフはキリストやマリア、ノアの箱舟の神話を表したものが多い。

闇と光のコントラストがとても印象的な作品ばかり。

そこから世代が変わるにつれ、基本的なタッチなどはそのままに神話のキャラクターに代わって庶民の生活風景がモチーフになっていきます。

やはり、油絵ならではの柔らかい色がブリューゲル一族の特徴でしょうか。正確なデッサン力輪郭にやわらかな質感の表現がとても長けています。

一族らしいと感じたのは父と子の共作というのがありました。

 

そして今回特別に期間限定1月23日から2月18日まで、2階展示室に限り撮影が可能となっております。

※筆者行って初めて知りました。

IMG_20180207_171933183IMG_20180207_172134789

中はこんな感じ、実際はもっと暗く感じるでしょうか。

ガチなかたはカメラを装備していらっしゃいました。

IMG_20180207_171947841IMG_20180207_171902339

2階フロアはかなり広いので好きな人は見どころ満載です。庶民の生活風景がほとんどです。

エッチング作品や紙にペンで描かれたシンプルなものもありましたが、銅板や大理石に油絵を描くなんて作品もあります。気温や湿度によって膨張するなんていうことがないのが特徴らしい。

最後に野外での婚礼の踊り。

IMG_20180207_172241505

沢山の人たちが婚礼の祝いでの踊り中央ちょっと左の花嫁がご祝儀をいただいているのですが、少し悲しそうな表情を浮かべています。

この婚礼は望ましいものだったのかと、ちょっと想像を掻き立てられる作品です。

 

詳細データ

開催期間;1月23日から4月1日

開催時間;9:30~17:30(金曜日は20:00まで)

休館日;月曜日、2月13日(2月12日は開催)

アクセス;JR上野・銀座線上野駅徒歩7分

一般販売価格;1600円

 

 

 

 

 

【番外編】神聖ローマ帝国皇帝ルドルフ2世の驚異の世界展レポート

こんにちは。another sense.です。

今回は東京渋谷にありますBunkamuraザ・ミュージアムで開催されています。

『神聖ローマ帝国皇帝ルドルフ2世の驚異の世界展』に体験にきました。

ルドルフ2世といえば、初代神聖ローマ皇帝で有名です。

政略結婚のイメージがつよいハプスブルグ家の一員のルドルフ2世は宗教政治には関心がなく、芸術や文化にとても強い関心があったようです。

とても変わり者だったのでしょうか。

場所はBunkamuraザ・ミュージアムの地下です。

IMG_20180119_152831370_2IMG_20180119_134913735

エスカレーターを降りて左に曲がっていきます。エスカレーターに出口が近いので勘違いしやすいのでご注意を。

展示品の中は撮影禁止なので、画像はないですが、ルドルフ2世がコレクションした様々な作品が並びます。

入口入ると、ルドルフ2世の肖像と像でお出迎え。それだけでもハイクオリティな作品。

首都をウィーンからプラハに移したのも一説では宗教問題の煩わしさから逃れるとも言われていました。

そこから芸術を愛し、芸術家を愛するルドルフ2世の元にたくさんのアーティストが移住しました。

そのお陰で、たくさんのアート作品が生まれました。

一つ一つ拝見していてもその斬新な作品にアーティスト達の挑戦が垣間見えます。一つの静物画をとってみてもより多くの種類の生花や虫を入れ込んでみたり、ノアの箱舟をモチーフに森に集まる動物達を描いていたり。

そして、その中でひときわ目立っていたのはアルチンボルドの傑作でしょう。

彼の野菜や果物などのパーツを組み立てて人物像に仕立てる手法は多くの画家が模索するくらい素晴らしくユニークです。

それもルドルフ2世のお膝元で画家を始めとした芸術家が自由に製作できる環境だっと推測できます。

 

そして、美術の企画展での目玉の一つ。

IMG_20180119_151755043_2

今回そのアルチンボルド作品にインスパイアされた現代美術家フィリップ・ハースによる立体作品の展示があり、これは撮影可能です。

IMG_20180119_151909652_2IMG_20180119_152055096_2

アルチンボルドの春夏秋冬という絵画4部作を立体化にした作品です。

IMG_20180119_151843941_2

アルチンボルド(インスパイア)『春』

IMG_20180119_151836996_2

アルチンボルド(インスパイア)夏

IMG_20180119_151827815_2

アルチンボルド(インスパイア)秋

IMG_20180119_151817538_2

アルチンボルド(インスパイア)冬

絵画作の方は横向きのみであるにも関わらず、360℃どこからみても立体に仕上がっています。

その他にも…

IMG_20180119_152408117_2

スタンプコーナーがあります。

スタンプラリーのようにミュージアムでの体験の記録作り。

IMG_20180119_152356535_2

これを機に御朱印帳ならぬ、御ミュ印帳を作って、訪れた時に記念スタンプを押していくのも楽しいですね。

一部を紹介しましたが、まだお見せ出来ない部分もあります。

それは訪れてのお楽しみ。

 

 

詳細データ

開催期間;2018年1月6日~3月11日

開館時間;10:00~18:00(金・土は20:30まで)

休館日;1/16・2/13

アクセス;JR渋谷駅・京王井の頭線渋谷駅徒歩7分

一般販売価格;1600円

 

 

 

 

 

 

ページトップへ戻る