配られたカードで勝負するっきゃないのさ… それがどういう意味であれ

『You play with the cards you’re dealt.. Whatever that means』

                                                                                                   SNOOPY(Charles M. Schulz)

 

 

アメリカの漫画家チャールズ・M・シュルツの漫画ピーナッツの中でのスヌーピーの言葉です。

この間、久しぶりに人の多くいるパーティに参加してきました。

たくさんの人とお話しようかと思いましたが、引っ込み思案の私はやはり大変でしたね。

会話が弾まないんです。なぜかと思った時に自分の生きてきた過程が少しでもかぶる人ならある程度会話が弾むんですが、まったく違った次元で生きてきた人とは会話は弾まないことが分かったんです。

つまり、完全理系人でビジネスだけに興味しか持たない人に芸術の事を話しても「ふーん」で終わってしまう。

美容の事しか頭にない女性に、AV機器に関しての話をしても「ふーん」で終わってしまう。

当然ですよね。価値観が全く違うんですから。

たくさんの人と交流したいと思っていても、難しいのはそこなんです。

不特定多数の人と会話は出来るかもしれません。それが今後の人生に何か良い影響(例えばビジネス)を求めるのであれば、そういった人がいるところをピンポイントで見つけなければいけない。

自分がどの分野にいるのかを知らなければ、それが分かりません。

今回、今さらながらにそれを学びました。

興味持ってくれる人と交流した方が良い影響になる、逆を言えば興味持ってくれない人とは繋がるだけムダなんだなと。(もしかしたら数年後に影響があるかもだけれど)

どんなに孤独を感じていても、誰でもいいからなんて自暴自棄にならないで。

誰と交流したいのかは自分の手札が知っている。

 

20130414_150125_Grayson_Burn_Pinstripe ポストカードのセミオーダー!?
another sense.では、
ブログにある名言
+
Portfolio内にあるフォトアートの組み合わせ

もしくは
お好きな言葉
+
Portfolio内にあるフォトアートの組み合わせ
にてポストカードやパネル、Tシャツを作製することが可能!

デザイン料(原画データjpegもしくはpin )¥5000~承ります。

製品でのご希望の場合はデザイン料+製作料×個数+送料
★大切な人への贈り物★お部屋に飾るインテリアパネル等

詳細に関してはSemi Ordermade内にて!
お問合せ(contact)で受付中!

 

 

 

 

ページトップへ戻る