道はどんなに険しくとも、笑いながら歩こうぜ!

『道はどんなに険しくとも、笑いながら歩こうぜ!』

アントニオ猪木さんの力強く明るい言葉です。

私はすぐ凹みやすくしゅんとしてしまう性格なんです。

仕事の出来が悪かった…しゅん…注意された…しゅん…性格の合わない人に合った…しゅん…等々。

人生無難に生きることが出来ればそれにこしたことないですが、人が人と交わる限り様々な困難ってあります。

でも、世の中には明日生きられるか今日を無事に過ごせるかレベルの厳しい生活を送っている人も確かにいるんです。

そんな人たちに比べれば私たちの悩みの殆どは大したことはないレベルなのではないでしょうか。

一時的な感情に支配されず、理性をもって感情を馴らす。

困難に思うことも心がけ次第で、良くも悪くもなるということが、この言葉から伝わってきます。

ページトップへ戻る