苦難を笑う術を身につけなければ、齢を重ねるうちに、笑うタネがなくなる。

If you don’t learn to laugh at trouble, you won’t have anything to laugh at when you grow old.

                                          Edgar W. Howe

アメリカのジャーナリストであり、作家でもあるエドガー・W・ハウさんの言葉です。

突然ですが、私は人との会話が苦手です。

特に長い付き合いのある友達ではなく、付き合いの浅い知り合い程度の人との会話が特に苦手です。

なので、人との会話中、相手の雰囲気、表情、空気感などからどんな人なのだろうかということを相手の話を聞きながら観察してしまう癖があります。

観察していると、この人は合うとか合わないかとか、人徳のある人だなとか、この人小者だな~とか…そう思ってしまいます。

そんな中でも、やはりココロが強く聡明だなっていう人は分かりますね。

なんていうか、どんな相手にも優しく誠実な対応できる人でユーモアも兼ねていたりしますね。

そういう人ほど、人生の苦難の話がすごかったりします。

人生山あり谷あり。

つらいコトがない人生も平和でいいのかもしれませんが、まずそんな事はないです。

しかめっ面で何事も他人のせいにして他人に依存する人生よりも、自分で責任もって覚悟決めてにっこり笑っていく人生を送っていきたいものです。

 

ページトップへ戻る