自分の運命は自分でコントロールすべきだ。さもないと、誰かにコントロールされてしまう。

Control your destiny, or someone else will.

Jack Welch

アメリカの実業家でゼネコン社の最高経営責任者にまでなった人ジャック・ウェルチさんの名言です。

「世界で1位か2位になれない事業からは撤退する」とも主張し、会社を守り、人材を守らないことから、「ニュートロンジャック」と綽名された。

※以上ウィキペディアよりざっくり引用。

組織の頂点にいる者は、より多くの犠牲と義務を背負うのでしょう。

こんな一面もあったようです。

その一方、彼と逆の経営手法を採った美川英二(横河電機元社長)のことを彼こそ経営の神様だと評価している面を持つ人物でもある。(美川英二の経営手法は、終身雇用を最重視し、企業の適正規模は今のコンピューター社会でも2000人までが限度と説き、総務課までをも社内分社化するというものだった)

※これもウィキペディアより引用。

どんな時でもどんな些細なことでも、自分で決断するということの責任は普段から持つべきだと思いました。

にげてはいけない、のちに来るかもしれない大きな決断のために。

ページトップへ戻る