神様は私たちに、成功してほしいなんて思っていません。

神様は私たちに、成功してほしいなんて思っていません。ただ、挑戦することを望んでいるだけよ。

『God doesn’t require us to succeed; he only requires that you try.』

                        Mother Teresa

マザーテレサさんの言葉です。

このHPでも宣伝している通り、来週初個展を開催します。

色々な方から励ましの言葉をいただき、昔からの恩人よりご協力をいただいています。

ですが、企画というか物事を進めるにあたり、感じたことがありました。

かかわる人が出れば当然私本人とは違った視点で違った考えで物事を進めようとします。

トラブルということではないのですが、物事の展開が個展開催の準備という基本からそれてしまった気がしていても恩人ということで中々言い出せない状況になってしまったことがありました。

要はその人にとっては作品展示に協力するという概念ではなく、個展という他者のイベントに関わることで自己表現したかったんだろうなと思います。

手伝っていただけるというのは、とてもうれしいことなのですが、見ている視点が間違っていると極端に話が違う方向に流されるということについてとても危険だなと思うと同時に、自分自身の弱さにも気づきました。

以前より、自分自身の芯をしっかりもつことに気を付けていたはずが、昔からの恩人ということと、手伝っていただいているということで流され芯が揺らいでいる自分がありました。それが、自分の心をモヤモヤして苦しくさせていました。

別の友人に話を聞いてもらって、その友人から誰の個展?と言われ、そこで気づいたんです。

迷ったときには、第2の習慣(ミッションステートメント)原点に返ってみる。

自分の目指している方向をもう一度見直し、自分の求めているもの、求めていないものをはっきりと示すことが自分の弱さへの克服になるんだと感じました。

今までは、与えられることに対してただ恩を感じ、それに対してどんどん流されているのが今までの自分だったんだと気づいたんです。

今回、初めてだらけの個展でひょんなことから今までの自分に気づけたのはとても良かったと思いました。

挑戦してみるということは、一見なにも関係ないと思うようなことでも色々な学びや自身の気づきを与えてくれるということが分かりました。

あと数日。

自身の成長のためにも挑戦します。

ページトップへ戻る