知識は実践するまで価値がない。

『Knowledge is of no value unless you put it into practice.』

                      Anton Chekhov

「かもめ」などでおなじみロシアを代表する劇作家チェーホフさんの言葉です。

周囲の人には折角学んだことを何一つ生かさない人がいます。

栄養学を学んでいながら、料理をしない人とか。

帰国子女で英語が出来ると言っているけど、特技としない人とか。

不思議ですね。

生涯何が役に立つか本当に分からないものです。

少しでも学んだこと、やって失敗したとしても次のチャレンジには変わるかもしれない。

そこから、また新たに見えて来るものがあるかもしれない。

そんな希望を持っても良いのではないでしょうか。

私も学んだことを実践して何度も失敗したことがあります。

失敗した中でも、もちろん何回目かに成功したものもあれば、諦めたものもあります。

諦めたものに対しては、自分に相性が合わなかったと認識しました。つまりそう学習したことになります。

それも、知識や経験として、これから進むべき道の修正にもつながると思います。

何でも、学び、実践し、また学習し、修正する。

これこそ、行動するということではないでしょうか。

 

ページトップへ戻る