晴れた日は晴れを愛し、雨の日は雨を愛す。 楽しみあるところに楽しみ、楽しみなきところに楽しむ。

『晴れた日は晴れを愛し、雨の日は雨を愛す。
楽しみあるところに楽しみ、楽しみなきところに楽しむ。』

                        吉川英治

 

 

日本の歴史文学作家、吉川英治さんの言葉です。

東京は、昨夜から雨が降り、今朝は一時あがったんですが、また雨風が激しくなっていよいよ梅雨らしくなってきました。

ジメジメしているイメージの強い梅雨時期ですが、恵の雨です。これが無ければ暑い夏は干上がってしまいます。

自然のものはすべて必要であり、無駄は一切ないですよね。

つまり自分の影響外の事は受け入れるのが自然の法則。

受け入れるしかないのであれば、どんな時でも楽しんだもの勝ち。

See→Do→Getの行程を楽しむ。楽しくなければ、どうすれば自分が楽しいのかを考えてみる。

全ては主体的に。

tuyu

 

 

ページトップへ戻る