晴れた日と雨の日があって ひとつの花が咲くように 悲しみも苦しみもあって 私が私になってゆく

『晴れた日と雨の日があって ひとつの花が咲くように
悲しみも苦しみもあって 私が私になってゆく』

                    星野富弘

 

日本の詩人であり、画家でもある星野富弘さんの言葉です。

詩人らしくとても美しい表現ですね。

私は社会に出て、特出している訳ではないですが、色んな仕事をして経験値もそれなりにあり、やりたいことも重なって出来ることが増えていきました。

だから今の私は私の経験値と学んできたことと感じて生きたことの集大成であり個性であると思っています。

ただ、たまに演出やアート作品作りの上で何でも出来る人のようなイメージを持たれたりしてます。

でも色々な人がいますよね。そんな中で「私、何にも出来ないの」と考えているのはバカバカしいと思いませんか。

その「何にも」とはなんでしょう。

世間から評価されるものでしょうか。

大多数が抱いている世間の価値観というものでしょうか。

自分でない他人が備わっている何かでしょうか。

いいえ、全て自分の思い込みなんです。

あなたはあなたの花を持っている。

私も私の花をもっている。

持っている花を見ずして「何にも出来ない(何にもない)」と言っている。

手前にあるものだからこそ見えてないのかもしれない。だからバカバカしいモノ探ししていないでしっかり自分の感性で自分の感情と見つめなおしてみたら少しは見えてくるんじゃないでしょうか。

 

 

20130721_131543_20130830184803477 

ポストカードのセミオーダー!?

another sense.では、
ブログにある名言
+
Portfolio内にあるフォトアートの組み合わせ

もしくは
お好きな言葉
+
Portfolio内にあるフォトアートの組み合わせ
にてポストカードやパネル、Tシャツを作製することが出来ます。
★大切な人への贈り物★お部屋に飾るインテリアパネル等

詳細に関してはSemi Ordermade内にて!
お問合せ(contact)で受付中!

 

 

 

ページトップへ戻る