感謝は支払われるべき義務であるが、何人もそれを期待する権利はない

『Gratitude is a duty which ought to be paid, but which none have a right to expect.』

                                          Jean-Jacques Rousseau

哲学者・思想家のルソーの言葉です。

昔、似たようなことを教えていただいたことがありました。

他人に尽くしたことは出来るだけ早くに忘れろ、他人から親切にしてもらったことは忘れず感謝しろと。

態度一つでどんな人なのかが伺える場合って、ありますね。

人間関係トラブルもこういった思考一つで大分変るのではないかと思います。

今の当り前を当り前と思うな。

当り前にこそ感謝の心を持つべきですね。

年齢を重ねるほど心の在り方は態度に出ますから。

好きな映画に「ペイ・フォワード」っていうのがあります。

他人に親切にしてもらったのを他の人に返すという方法で、少しずつ世界を良くしていこうとする少年の行動に素晴らしい気付きを得られた記憶がありました。

どんな時でも、親切にありがとうと言える人間でありたい。

 

ページトップへ戻る