学べば学ぶほど、自分がどれだけ無知であるか思い知らされる。・・・・

学べば学ぶほど、自分がどれだけ無知であるか思い知らされる。自分の無知に気づけば気づくほど、より一層学びたくなる。

『The more I learn, the more I realize I don’t know. The more I realize I don’t know, the more I want to learn.』

                                         Albert Einstein

ノーベル物理学賞受賞されている物理学者アインシュタインの言葉です。

一生現役ということを言う人がいますが、私はむしろ一生学びだと思っています。

まだまだ分からないことは沢山あり、インターネットやスマホというツールが出来てどんどん時代が代謝されています。

自分らしさも大切ですが、太古の昔から本当に強い生物は変われるものだというような言葉があるように、変化しなければ生き残れないのも事実です。

何度か言ってることなんですが、学生をしていた時より社会に出た後の方が学ぶことが多いコト多いコト。

知ってることの情報ももう古かったりしてることもあります。

でも社会に出て、気づいたことがありました。

それは学校は勉強を学ぶところではなく、勉強する方法や思考を学ぶところだったんだと。

今さらですが、思い返してみると、、、

1、聞いたり見たりすることをメモにとる。

2、先生(師匠)のいうことを聞き、時には真似る。

3、注意されたら改める。

4、予習・復習をすることで自分の中にその情報を落とし込む。

これら全部学校で学んだことでした。

そして、社会に出て役に立つことがそれらだったんですね。

人生に起こることはすべて必要なこと。そう教えてくれる人がいました。

今、私もそう思います。

だから、一生学びなんです。

でも年齢を重ねるごとに人に聞きづらかったりするんですよね。

 

ページトップへ戻る