変革せよ。変革を迫られる前に。

『Change before you have to.』

         Jack Welch

アメリカの実業家ジャックウェルチさんの言葉です。

今思うと、たくさんの変化を見てきたななんて思うことがあります。

例えば、私が子供の頃主流だった音楽を聴くツールはレコードやカセットテープ、テレビ、ラジオが主流でしたが、今はスマホやiphoneやYoutubeがほとんどです。

平成生まれの子はカセットテープの存在を知らなかったり、知っていても使い方を知らなかったりします。

他にも、今書いているブログやTwitterなども自分の考えている事や感じていることを気軽に公開出来る時代になりました。おかげで、組織ありの概念より多種多様の個性がありそれが尊重される時代になりました。

まぁ、良い意味でも悪い意味でも便利な世の中だと思います。

でも、便利だからこそ使いこなせないモノがあふれていて、余計なことに時間と気を持っていかれている人が多いこと多い事。

私は、年齢と共に意識の再構成って、必要だし本当はそれが自然の流れだと思っています。

30代40代の人がいつまでも10代のような心でいたら気持ち悪いでしょ?

色々な本を読んで学んだ結果、それには、必要ないものを捨てるということを意識するようになりました。

良く断捨離というけれど、物だけでなく習慣や考え方やクセみたいなものも自分で意識して今後の自分の人生で必要ないなと判断したらそれも捨てる(やめる)んです。

物を捨てるよりこっちの方が何倍も大変です。

だって、自分の身に付いてしまったものなんですから。

でもやってみると大変な分、色々と自分のことを分かってきたこともあります。

自分という人間が分かってくると面白いもので、自分の本当のやりたいこと好きなことが分かってきます。自分がどういうとき自分の心を幸せにすることが出来るかが具体的に分かるようになるんです。

よく、自分のやりたい事がわからないという人自分のやりたい事が色々ありすぎる人がいますが、私に言わせればどちらも根は一緒です。

やりたい事が色々ありすぎる人で、吐出したものを得た人を見たことありません。すぐに飽きたりやめてしまっています。好奇心だけが空回り。

それは本当に自分のこと分かっていないんです。

人が色々なことを学んで得て、何か大きなことをすべて成し遂げるには、当然人生の時間はあまりにも短いです。

だから、ある程度の人生経験を得たらあとは捨てることを意識した方が良いのです。

本当に必要ならまた巡ってきます。引き寄せの法則とかいうつもりはないのですが、脳が無意識にアンテナを張るからです。

例えば、車が好きな人は道行く車に目がいくし、ファッションが好きな人は通りすがる素敵な服を着ている人に目がいくでしょう、また食べ物が好きなら食事にこだわります。

そうして、皆それぞれのライフスタイルが出来ているのです。でも、そのライフスタイルいつまでも続くと思いますか?

仕事が変われば新しい仕事内容を覚えなければならない。

住むところが変われば、その町環境に慣れなけれなならない。

けがや病気をしたら、治療に専念しなければならない。

どうしたって訪れる変化はあります。ずっと続くことはないでしょう。もしあればその人はかなりの高確率な幸運の持ち主です。

現在の続きが未来の自分になるのですから、自分の何が大切で何が大切ではないのかを把握していくのが良いかと思います。それには、捨てるということが効果的なんです。それも、一つ一つ自分の意志で決めるんです。決めるということは、責任ですから、責任感を養うという意味では良い訓練になりますね。

再度、言いますね。ある程度の経験値を積んだ大人なら物にしろ習慣にしろ捨てるということに意識する。

そして、何を捨てるかを自分の価値基準でしっかり決める。

習慣や考え方やクセは中々捨てることは難しいけれど、捨て続けること。

そうしていくうちに、本当に自分の望んでいること、自分の心が幸せと思うことが見えてくるんだと思いますよ。

02092010_56b9c913d1fc4

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ページトップへ戻る