別れの痛みは、再会の喜びに比べれば何でもない。

『The pain of parting is nothing to the joy of meeting again.』

                  Charles Dickens

イギリスの小説家チャールズ・ディケンズさんの言葉です。

縁とは不思議なもので、ひとつ消えたら別の縁が復活したりして、どうなるか分からないものです。

何年も連絡とっていなかった友人とFBで久しぶりに連絡が取れたりして良い時代になりました。

そういう友人ほど、自分にとってその存在が私の心の支えになってくれています。

今までたくさんの別れを経験してきましたが、

皆、個々の活動や生活スタイルなどが多様化しているからこそ、

他人に執着せず別れを受け入れることが自立した精神に繋がるのかなと最近思います。

何事も考え方ひとつで幸せにも不幸せにも繋がります。

別れは出会いの始まり。

ページトップへ戻る