他人に要求することを先ず自分に要求せよ。

作家であり、詩人や画家でもあった武者小路実篤さんの言葉です。

勉強、スポーツ、ダイエット美容、性格等々他人に対してのこうして欲しいこうであって欲しいと思うこと多々ありますね。

ある意味、自分自身に自信がないんです。

だから、身近な相手に対して要求や不満という形で現れるのかもしれませんし、あるいはかまって欲しい気持ちもあるのかもしれませんね。

でも、他人は変えられない。でも自分は変えられる。

つまりは自分を変えずに相手を変えるなんてはじめから無理なんです。

人ってどうもその辺を理解するには経験値が必要ですね~。

なぜなら、自分を変えるとは習慣や考え方を変えることにも繋がり、とても大変な作業だからです。

自分の感情との戦いにも近いものがあるのかもしれません。

特に女性は感情が先だってしまうところもあるので、つい他人に要求しがちに。

しかし、この自分に要求するということを意識すれば自然と人を許せることが出来るかもしれません。

ページトップへ戻る