今はないものについて考えるときではない。今あるもので、何ができるかを考えるときである。

『Now is no time to think of what you do not have. Think of what you can do with that there is.』

                                  Ernest Hemingway

アメリカのノーベル賞文学賞受賞作家アーネスト・ヘミングウェイの言葉です。

私も、昔は、「もっと時間があれば。。。」とか「もっとお金があれば。。。」とか「もっとスリムだったら。。。」とか「もっと美人だったら。。。」とかとか口癖のように言ってた時期がありました。

結局は、すべて何もしないための言い訳に過ぎなかったんですね。

それに気づいてからは自分に対して、「無いものを嘆くな、あるものに感謝し、それを最大限に活用しろ」と唱えるように言い聞かせます。

そうすることで、自分が必死になって考えるんですね。

考えて考えて考えてると、何かヒントがないかと無意識のうちに自分からアンテナを張っている自分がいるんです。

そうすると、普段気にせず見えている風景の中や、何気に話している知人との会話、思いがけない偶然、などなどふとしたことから、インスピレーションが降りてくることがあるんですね。

本当に不思議で、これが引き寄せの法則なのかなと勘違いすることもありました。

あとは、、、、

いつの間にか仲間も協力して考えてくれていたり。そういう時はものすごい感謝感謝ですね。

一緒に考えてくれる人がいるっていうだけですごくココロ強くなります。

とどのつまり、何もないなんて行動をサボるという言い訳でしかなく、そのように考えているうちは愚痴しか出ず、ただ時間が過ぎるだけです。

兎に角、考えて動く考えて動く。

私はスロースターターなので、まだまだ亀レベルの歩みですが、少しずつでも行動起こすよう努めます。

いつか花咲くように。

ページトップへ戻る