人間は、その想像力によって支配される。

『The humanrace is governed by its imagination.』

            Napoléon Bonaparte

言わずとしれた有名人フランスの軍人、政治家ナポレオンの言葉です。

なぜこの言葉をチョイスしたかというと、こんなことがありました。

ある二次会で、受付をしたときです。

私と同じ受付を担当する女性(ブログに何度も出てくる構ってちゃん)と一緒にやっていました。

彼女はある意味すごくかわいい性格だと思うんです。

たとえば、会場に早くいかなきゃとせかすんですが、与えられた地図を見てずっと固まってしまっていたり、会場のスタッフさんとのやり取りなどにも躊躇してまた固まってしまう。

その度に、フォローすると何事もなかったかのように動きだします。

ただ、こちらに余裕がある時はそれでいいのですが、受付後徴収した会費の計算を私がしていたのですが、どうしても計算が合わなくて、何度もチェックしていました。

当然、私自身他人のお金を預かっているということの責任感も相まって集中して行っているんですが、彼女はずっとそれを見続けているんです。

余裕を失っている私にとっては、ずっと見続けられると集中しづらい部分もあって、会場内でゲストの方々と楽しんでくださいと何度も勧めていました。(日ごろから彼女はゲストの方々とのおしゃべりをとても楽しむタイプだったので。)

彼女も最初はゲストの元に行っては帰り行っては帰りを繰り返していたのですが、何度も繰り返すうちに彼女が半ギレになって「私だけサボってるように見えるじゃん!!」って言ったんです。

それを聞いたときにハッと思ったのが、彼女は自分の頼まれたやるべき事に対しての責任感ではなく、この状況を他の人が見たときどう思われているかを重要視していたんだなということです。

でも、お金の計算などの責任の伴うことを自ら行うことはせず、もくもくと計算する私を注視していました。

普通ならイラッとして注意するところかもしれませんが、以前ブログに書いた通り「どちらかが大人にならなければならない時には先手必勝」先に大人として行動した方が、色んな意味で物事が進めやすいと考えてあえてそのままにしました。

その後、彼女は周囲の人に「私はお金の計算は苦手だけど、彼女(私のこと)はとてもよくやってくれた」ということを話していました。それを私は苦笑 いで聞いていました。本当は私もお金の計算は苦手中の苦手なんですが、自分が苦手なものこそやってみると分かることもあるし、自身が成長する上でよい経験 になると考えたからです。

今回のことで、その経験はとても勉強になりました。

ここからは私の想像なのですが、(私もそうですが、)この先彼女は同じような状況に置かれる場合も増えてくるでしょう。

お金の問題は、何にしろ年齢を重ねるごとに確実に増えていきます。

その時に、計算は苦手と言って逃げているツケは回ってくるでしょう。

その思い込み(想像)に囚われると何も出来ない人になります。

彼女も気づいてくれることを祈ります。

 

ページトップへ戻る