人生の前半は、親にダメにされ、人生の後半は、子に台なしにされる。

The first half of our life is ruined by our parents and the second half by our children.

                               Clarence Darrow

アメリカの弁護士であるクラレンス・ダローさんの言葉です。

名言というと、人を元気にしたり、心をいやしたりする言葉ばかりだと思いますが、今回の言葉は随分被害妄想が強いと感じました。

人生の中で何かがあったのか、それとも求めているものが得られなかったのか。

どちらにしろ、インパクトがある言葉ですね。

当然、人生はそれぞれの選択した結果です。

くれぐれも、常に何かの責任にして不平不満ばかりの人生にはしたくないです。

この言葉は反面教師として学んでいきたいです。

 

ページトップへ戻る