人生に失敗がないと、 人生を失敗する。

『人生に失敗がないと、  人生を失敗する。』

                   斎藤茂太

 

精神科医であり、随筆家の斎藤茂太さんの言葉です。

説得力ありますね。

自分でも思うのが、成功からよりも失敗から学ぶことは多いし、一見成功と見られることでも実際は意にそぐわないことだったりすることがあります

子供の頃は楽しくないこととか、ぼっちの孤独とか、不安感とかすごく嫌でした。

いつも心に不安を抱えて生きるなんてすごくすごく嫌で嫌悪感すら覚えていました。

でも、ある人に、「君の行動の原動力は『不安感』だね。」と言われ、気づいたんです。

『不安感』があるから君は(何かしらの)行動が出来るんだと。

『不安感』って誰でも嫌です。

そこから逃げたくて、いつも誰かに寄り添うという人もいるでしょう。

辛すぎてお医者さんにかかる人もいるでしょう。

家族を作ろうと頑張る人もいるでしょう。

でも、私は何かしらの行動するための原動力なんです。

何が言いたいのかといえば、世間的に良くないような感覚(ここでいう不安感)は必ずしも悪い感覚ではないということを学びました。

 

…そんなことはないよ!それで苦しんでいる人がいるだから!!と激怒する人いるでしょう。

でも待って。

大抵の人って不思議なもので、大方のことは3日位で順応するらしいです。

長くても3カ月位だそうです。

それ以上たっても順応出来なければ大抵の人以上に頑固な人でしょう。

だから、『大抵』の人と付け加えておきます。

起きる出来事はみんな見方一つで変わるといいます。

あなたにとって『人生の失敗』とはいったいどんなことなんでしょうかね?

ページトップへ戻る