人を信じよ、しかし、その百倍も自らを信じよ。

『人を信じよ、しかし、その百倍も自らを信じよ。』

                   手塚治虫

日本の漫画家、アニメーター、医学博士でもある手塚治虫さんの言葉です。

元々自分に自信が無かった私は、他人に対しての依存心が強かったと思います。

でも、ある私自身の問題に直面したとき本当に誰にも全てを相談できなくとても辛かった時期がありました。

そんなときに悟ったのが、本気で自分に向き合い問題に向き合っていると導いてくれる人や出来事が来るんだということです。

もし私が、腐って自分の殻に閉じこもっていたとしたら絶対にありえないと思います。

そして、自分が成長できるといううれしいオマケつきです。

成長するとどうなるのかというと、私が思うにビクビクしなくなるということでしょうか。

一つ壁を突き破ると、「ああ、結構自分って大丈夫」という感覚が出来る。→これが自信てやつなのでしょう。

自信って偉そうな態度や威張ったりすることではなく、自分自身を認められることだと思います。

まぁ、個々の理想があるので中々認めたくない気持ちも分かりますが、そこから自分のなりたい自分を作っていく第一歩。

ありのままの自分を受け入れて、そこからありのままの自分のレベルを上げていくのが自己の確立なんでしょうね。

他人に認めて貰う前にまずは自分を認めること。

それが信じるということなのでしょう。

ページトップへ戻る