人の世に道は一つということはない。道は百も千も万もある。

『人の世に道は一つということはない。道は百も千も万もある。』

坂本龍馬さんの言葉です。今の世の中、あらゆるネットや啓発本がありますね。
聞く力、諦める力、伝える力、怒られる力、女子力…
数え上げればきりがありません。
今の世の中って本当にいろんな力が必要なのかと思うくらい出回っているんです。
でも、よく考えてみて、みんなそんなに力んで生きている人っているんでしょうか?
 
人はみんな違います。
 
その人がやっているやり方が全ての人がやって成功するなんて保障はまずありません。
参考にしてまずやってみるくらいの感じで行うのがちょうどいいのではないでしょうか?
 
百も千も万もある道の中で選べるのは1本だけなのです。
 
情報過多で生きづらい世界という人もいるみたいですが、逆に芯をもって生きるという大切さを実感できる世界にあるということではないでしょうか?
大きな世界からしたら、小さいことですが、自分の考え行動によって周囲の人を幸せに不幸せにもし、自分自身も自由になるか不自由になるかなど変わってきます。
当然、大人なんですから果たすべき責任もあります。
道は百も千も万もある。
 
選ぶのは自分です。
ページトップへ戻る