ネットでハンドメイドを販売するということ。今更なのか、ペルソナ設定。

こんにちは。anothe sense.の中の人です。今回は自分のハンドメイド品をネットやイベントでの販売経験をもとに私の考えを伝えたいと思い書きました。

自分の作った作品を売る理由は何ですか?
●自分の作品を認めてもらいたい。
●自分の作ったモノで誰かを楽しませたい・幸せな気持ちになってほしい。
●自分の作ったモノで役に立ちたい。
●ハンドメイド品を通じて人とコミュニケーションを図りたい。

…とまぁ、理由は様々だと思います。
が、その裏にあるお客さん側、作家側の共通の意識が働いているのをご存じですか?

それは『損をしたくない(リスクを負いたくない)』ということ。

お客さんだって折角お金を出して買うのですから、損をしたくない。
作家側だって資材費用かかってるし、手間もかかっているので、損をしたくない。

「これ当たり前じゃん!」って思うかもしれませんが、作家側はその両方の心理を持っていなければいけません。

そして、意外とそのことに気づいていない場合が多いです。

お客さんはその作品に価値を見出して購入してくれるのですから。

なので、自分の作品をどんな人が購入してくれるのか(価値を見出してくれるのか)ペルソナ設定する必要があります。
ペルソナは
男性?女性?
年代は?
学生?社会人?主婦?
設定しようと思えば限りなくでてきますよね。

でもそのペルソナは必ずしも当たらなくても良いのです。

「これうちの娘が好きそう」「○○へのプレゼントに」と思って購入してくださる方もいらっしゃいますから。

あなたの作品はペルソナ設定できてますか?

 

※近年、ペルソナ設定は無意味だという声もありますが、今回のペルソナ設定とは私は相手のことを想うことだと考えています。

色んな考えの人がいると思います。その中の一部の考え方なのだということをご理解ください。

12月14日(土) 11:00~16:00
「ちっちゃな手づくりマルシェ」にてポストカード出店します。

詳細
Gallery & Café Warehouse Garden(ギャラリー&カフェ ウェアハウスガーデン)
調布 京王線柴崎駅徒歩2分
OPEN 11:00~20:30(金・土のみ22:00) 定休日=火曜日・水曜日(ギャラリー展示日はカフェも営業)

 

ページトップへ戻る