テクスチュア ライトモデリングペーストのレビュー

こんにちは。another sense.の中の人です。

今回は、ライトモデリングペーストをレビューしていきます。

 

ライトモデリングペーストとは…

油絵などを描いた経験がある方はご存知かもしれませんね。

簡単に言えば、絵に厚みを持たせるためのものです。

より、立体的な表現が出来るのが特徴です。

 

ライトモデリングペーストの特徴

油絵に使うモデリングペーストは乾いていてもそれなりに重さがあるので、絵画自体にも重みが出てしまい、持ち運びが大変というデメリットがありました。

でもこのライトモデリングペーストに関しては、軽いホイップクリームみたい。

当然モリモリに盛っても絵画自体が重くなるなんてこともないので、上質紙にも使えそう。

乾くまで原形をとどめているのもメリットの一つだと思います。

だいたい一晩で完全に乾きます。

乾くとあれだけホイップ上のふわふわが嘘のように固くなります。

 

では、これにアクリルガッシュの絵の具を乗せてみました。

 

発色は良いです。

ただ、感覚的には絵の具を塗るというよりは乗せていく感じで描くのが適切かなと思いました。

ひと塗りでは薄づけになってしまいます。なので何度か重ね塗りをする必要があります。

では今度は、絵の具とモデリングペーストを混ぜてみました。

一番上がモデリングペーストと絵の具を混ぜた者です。

一番下は絵の具本来の色。

絵の具の色によっては味のある色になるのかもしれませんが、これを見た限りではあまりオススメできませんね。

 

まとめると。。。

盛り上げたり、表現の幅を広げるのにライトモデリングペーストはとても便利です。

今の製品は良く混ぜられたホイップクリームのようにツンっとしたつのもたてられて、フワフワで軽い。

乾くととても硬くなり、形もしっかりと残る。

絵画を盛り上げ、立体感を出すだけでなく、造形物を製作するにも使いココチ良いかんじがしました。

 

使用アクリルガッシュの絵の具

アクリルガッシュ 緑金

 

 

 

ページトップへ戻る