セトモノとセトモノとぶつかりっこするとすぐこわれちゃうどっちかがやわらかければだいじょうぶやわらかいこころを持ちましょう

セトモノとセトモノとぶつかりっこすると

すぐこわれちゃう

どっちかがやわらかければだいじょうぶ

やわらかいこころを持ちましょう

            相田みつを

 

日本を代表する詩人相田みつをさんの言葉です。

これは頑固な相手に譲歩するという感じに受け取ってしまうこともあり、もしかしたら損した気分になることもあるでしょう。

実はそうではなくて、ココロだけでなく考え方も柔軟にしてみると良いという意味だと理解しています。

例えば私の実体験なのですが、仕事先で合わない人がいました。合わないというのは、性格でしょう。

相手から露骨に嫌悪感露わにし、私も相手への意識も苦手な部分が多かったです。

一番良い選択はもう顔を合わせないことなのですが、取引している仕事場でそんなことはできません。私の影響を及ぼせる範囲ではないので、受け入れます。じゃあ、二番目に良い(ベストな)方法は何かと考えた時に一番私が避けたい事を考えました。

それは、いがみ合って仕事をしづらくなることでした。

そしてこのままいくと、当然そうなります。

どうしようか。。。

行き詰ったときは逆の発想です。

嫌だなという人に逆に丁寧に接してみようと思い立ったのです。

しかし、それにもちょっとしたハードルはありました。自分の感情を曲げることなので中々難しいです。

なので、仕事場の第三者的な人に事情を話して宣言したんです。

人間不思議なもので、第三者に宣言してしまうと、やらなきゃって発想が出るんですよね。

その時はどうなるか分からなかったのですが、やってみました。

そうしたら、不思議なものですね。

私は苦手な相手に丁寧に挨拶などきちんと行うことを意識しています。相手は態度を変えず露骨に嫌悪感をあらわにしています。

…ということは周囲からの見られ方が変わってきたんです。

相手は感じ悪い人になり、私は真面目で誠実な人の印象になりました。

そうなると、周囲の人から「あの人感じ悪くない?」と声をかけられ、私は当然「仕事なんで大丈夫です」と言いますよね。

どんどん雰囲気が変わってくるんです。

だから今はその人に会うことの回数が極端に減りました。

自分が変わることでこんなにも状況って変わるんだなって実感した体験です。

苦手な人は常にいると思いますが、柔軟な発想で本当に変わりますよ。

 

何より大事なのは、人生を楽しむこと。幸せを感じること、それだけです。1 ポストカードのセミオーダー!?
another sense.では、
ブログにある名言
+
Portfolio内にあるフォトアートの組み合わせ

もしくは
お好きな言葉
+
Portfolio内にあるフォトアートの組み合わせ
にてポストカードやパネル、Tシャツを作製することが出来ます。
★大切な人への贈り物★お部屋に飾るインテリアパネル等

詳細に関してはSemi Ordermade内にて!
お問合せ(contact)で受付中!

 

 

ページトップへ戻る