イベント出展の色んな側面【その2】

ハンドメイドイベントに来るお客さんは一体どういう人がいるのでしょうか。

1、純粋にイベント=お祭りとして楽しむ人
2、招待された有名人のトークライブなどやエンターテイメント系を見に来る人
3、出店者に知り合いがいる人
4、出店者のファン
5、作家のスカウトするイベンター関連やクリエイティブな物作りする企業関係の人間

私自身何度か大きなイベント出店してきましたが、大きく分けてこんな方々です。
大体ほとんどが1です。

なので参加する時に私が特に気を付けているのが、出店先のお隣さんとはきちんと挨拶し、お互い気持ちよく出店できる環境に努めること。

出店者の大半は良い人なのですが稀に、露骨に相手を無視した行動や態度を取る人がいます。
出店に限ったことではないですが、そういった人との間の空気って第三者から見て感じ悪くないでしょうか。

お客さん側から見ると、出店者との楽しい会話(コミュニケーション)込みでのお買物です。

誰だって感じ悪い人から買いたくないでしょう。

お客さんに誠実な対応するのはもちろん、お隣さんともキチンと誠実な対応をしましょう。

長文失礼しました。

 

※あくまでも個人の感想意見です。これを機に皆さんのご意見も伺えたら嬉しいです。

ページトップへ戻る