そして、ドバイへ。『ほとんどドバイモールの水族館』時々オールドスーク。

こんにちは。anothre sense.の中の人です。

こんどはドバイで過ごして感じたことなどを書こうと思います。

ドバイは首都アブダビから車で約2時間のところにあります。

アラブ首長国連邦は7つの首長国からなっており、その一番大きい首長国がアブダビ、次に大きいのがドバイです。

ドバイといえば、お金持ちの楽園のようなイメージが強いかと思いますが、複合施設以外のところではいたって普通です。

むしろ、昔ながらの3大スーク(市場)と呼ばれる場所では『オールドドバイ』と呼ばれ、たくさんの商人たちがいます。

この3大スークとは、ゴールドスーク・テキスタイルスーク・スパイススークのことを指します。

水上タクシーもありやすく渡ることも出来ます。ここの景色はリアルな人々の姿を見ることができました。

 

左は水上タクシーの乗降口・右は水上タクシーからの景色。

IMG_20191013_181221224_2

この時はもうすぐ日が沈むところで、少しずつネオンの明りが点灯していきます。

 

 

そして、今回のメイン。

ドバイモールの中に併設されている、ドバイ水族館へ行きました。

ドバイ水族館へのチケットは175Dhから215Dhほど。幾つかのセット価格に分かれており、それによって価格が変わります。他にもオプションなどもありますので当日、仲間たちと選んでみても良いかも知れません。

(1Dh=約30円なので、日本円で大体¥52,50から¥6,450です。)

 

と、他にもたくさんの見どころが満載。

他にも生態系について学べるコースなどもあります。(言語は英語)

中は全体的に涼しいので、羽織るものを一つ持っていた方が良いかも知れません。

ここにいるだけで3時間位はあっという間でした。

一年中暑いドバイでのショッピングモールならではの過ごし方ですね。

 

動画で少しでも雰囲気が伝われば嬉しいです。

 

 

 

ページトップへ戻る