あんなにしてやったのに 「のに」がつくとぐちがでる。

『あんなにしてやったのに 「のに」がつくとぐちがでる。』

相田みつをさんの言葉です。

私も子供のころを思い出して、ついクスッと自分に対して笑ってしまう言葉なんです。

子供の時の私はとにかく我が強くて、いわゆるわがままな子でした。

当時、一緒に住んでいた祖母もとても気が強い人でしたので、思春期の頃はいつも対立してましたね。

その時によく祖母に言われていた言葉が、「あんなに~してやったのに」でした。

今はもう良い思い出ですが、祖母も子供のころもそのまた祖母に言われていたのではないかと思うと、遺伝かなぁなんて思いますね。

でも、愚痴は愚痴。何も生まない上に人は離れていくだけです。

私は気を付けようっと。

 

ページトップへ戻る