【中の人のよもやま話】額装を作ってみました。

こんにちは、another sense.です。

今回、縁ありクリスマス額装ワークショップに参加してみました。

ガラスを張り、マットを重ねて立体的に作品を魅せるのが額です。

とても繊細で額とマットの色や素材の組み合わせが繊細で色々と合わせて楽しい時間でした。

20171204_142634

色んな種類の紙があり、色や素材の組み合わせで作品の印象が変わります

今回はクリスマスというテーマで選んでいきます。

そしてアートには欠かせないマットというのはこれです!

20171204_144950

額やマットによって印象ががらりと変わる。

イラストレーターさんなど紙に印刷して作品を展開しているアーティストさんにはとても言いたい!!

額やマットで作品の質が変わります!!

普段目立たないものほど実は重要なものだったりします。

マットの配色一つとってもイラストのからくる質感、イメージ、バランス、季節感などのテーマを盛り込み作る作業はとても有意義ですし、勉強にもなります。

日本ではそういった文化がまだまだ根付いていないので理解できない人も多いですが、海外経験豊富な日本人から徐々に浸透していく感じはあります。

おっと、話が少々それてしまいましたが、何事もやってみないことには分かりません。

そして今回私がチャレンジした結果。

20171204_15084520171204_153926

ぎこちないですが、配色美しく出来ました。

今回、まとまりがなくて申し訳ない。

イラストレーターなどの作品を展示する際にはマットの存在を考慮するだけで作品の質が変わるのを認識していただけるだけで幸いです。

 

ページトップへ戻る