【中の人のよもやま話】題名のない小説(その10)

「少し遅くなっちまったな。」

病院に向かう車の中で父さんはポツリと言った。

「…。」

「タクミ…父さんな、母さん亡くしてから生まれてきたお前を恨んだりもした。だけど、母さんが命をかけた大切な子どもだという気持ちもあった。
ずーっと悩んでた。お前にどう接していいのか。日々、お前が成長し、立ち上がり、言葉をしゃべり、お前自身が感情を持って色んなことを考えられるようになっていく姿に、いつかオレの心の中が見透かされるのではないかと怖かった。
海外勤務の話が来た時には正直、ホッとした。」

僕の心はズキッとした。

「けれど、そんな気持ちももうやめだ。今からオレ達は新しい親子をやればいいんだ。」

「新しい親子…?」

「そうだ、オレ達でオレ達らしい親子を作っていくんだよ。」

父さんの言う“新しい親子”ってどういう意味かはよく分からないけど、晴々とした父さんの顔を見てたら、それも悪くないなって思った。

「うん、僕たち新しい親子になるんだ!」

——————–

病院にいるおばあちゃんは、多少言語と手足の麻痺が残るものの思ったより元気だった。
家に着いて「疲れたから寝るよ」と早々に寝室に向かった。
再会に歓喜の舞だった“まる”と“華”もそれに続く。

こうして無事におばあちゃんを迎え入れ、父さんの国内勤務も決まり、新しく三人での生活がスタートしたんだ。

 

(その11へ続く)

 

20130721_131543_20130830184803477 ポストカードのセミオーダー!? 
another sense.では、
ブログにある名言
+
Portfolio内にあるフォトアートの組み合わせ
もしくは
お好きな言葉
+
Portfolio内にあるフォトアートの組み合わせ
にてポストカードやパネル、Tシャツを作製することが可能!
画像¥5000~
デザイン料(原画データjpegもしくはpin )¥5000~
承ります。
製品でのご希望の場合は
画像+デザイン料+製作料×個数+送料
★大切な人への贈り物
★お部屋に飾るインテリアパネル等
詳細に関してはSemi Ordermade内にて!
見積もりお問合せ(contact)で受付中!
ページトップへ戻る