【中の人のよもやま話】題名のない小説(その1)

どうも、another sense.の中の人、荒井真弓です。

私は、ハンドメイド作家であり、写真を使ったフォトアートを作製しているアーティストでありますが、いわゆる器用貧乏であります。

 

自分の作品や私自身の活動などを知って欲しくて、細々と発信しています。

今回は、私の小説短期連載しますので、お時間ご興味ありましたら読んで、感想と題名を付けて頂けたら幸いです。

 

それでは、どうぞ。

 

 

夕方 6時15分
駅を降りて商店街を抜け、いつもの薬局で新しい歯ブラシを買って家路に急ぐ。

 

「今夜は大きなおっきなハンバーグをこしらえるよ」

 

今朝、おばあちゃんが言ってたのをずっと楽しみにしていた。
うちは腰の曲がったおばあちゃんと二人暮らし。
父さんは仕事でシンガポール。1年のうち約半分は帰ってこない。
母さんは僕が産まれて直ぐに亡くなった。
おばあちゃんは少々ガンコでうるさいとこもあるけれど、そこそこやさしいし、何より僕の好きなものを全部知っている!

 

「ただいま!!」

 

僕が玄関のドアを勢い良く開ける。
ギャワワワワワンッ!!ギャワワワワワンッ!!
真っ先に“まる”がすっ飛んでくる。
ああ…。

 

“まる”っていうのは小型の雑種犬で、例えれば、そう、うーん…プードルなのかチワワなのかシーズーなのか分からない位まざってる。
まだ大人の最初に半分差し掛かった子犬って感じ。

「くぉら~!!まる!あんたはギャアギャアうるさいんじゃ!!」

と、おばあちゃんは“まる”の頭をげんこつでコツっとして大人しくさせる。
あーあ…。
おばあちゃんはしつっこくて“まる”に説教するときも、
「~わかったかぁ!!」と繰り返し言ってはげんこつで“まる”の頭をコツっとする。
元気な“まる”もさすがにしおれていくのが、ほぼ日課。

…なんで年寄りのバーさんはあんなにしつこいのかねぇ…

なーんて思いながら居間へGO!
入ると左の棚の上から、シャーッ!!という声が聞こえる。
軽く見上げると、今度はタヌキのような三毛猫の“華”が威嚇でお出迎え。

 

僕が産まれるずっと前から暮らしている“華”にとっては、僕は格下なんだとおばあちゃんが言ってた。
瀕死の子猫だった“華”をゴミ捨て場から拾い、看病してここまで元気に育てたらしい。
そのせいか、おばあちゃん以外の人間には決して懐かないのだ。
「ただいま華。お前はもうご飯食べたのか?」と、返事のない会話しながらテーブルに着く。
思った通りのデカハンバーグが並んでいる。
ま、付け合わせがいつもの千切りキャベツに切り干し大根と人参の煮つけってのが萎えるけどね。

「いただき~」

箸に手をつけようとしたとたん、
「おまえはな~!!」とおばあちゃん。
僕の頭もコツっとやられた。

 

「手ぇ洗ってから食べんしゃい。」
「…はーい」

 

棚の上から目を細めてゆるりと尻尾をゆらす“華”を尻目に、洗面所に行き手を洗う。“まる”はゲージの中からこっちを伺ってる。
再び席に着き、いただきます。

「今日は楽しかったんかぃ?」

向かいに座っているおばあちゃんの第一声はいつもそんな感じ。
けれど、今日の僕はちょい違う。

「そうそう、今日行ってきたプラネタリウムがさぁ…。」
おばあちゃんは「ふんふん、へーそーかい。」と気のない相槌をしつつ、TVを見ながら箸を器用に動かす。
僕は気にせずしゃべりたいことを思いっきりしゃべる。こんな会話はいつものことだ。

「…~でね、終わったころに、僕女の子に会ったんだけど、その子僕と目が合ったとたんにハトになってどっか行っちゃたんだ。」

おばあちゃんは、目線をTVから離さず、
「ほぉー、それで?」

「そんで目が覚めたの。」

おばあちゃんが口にもっていこうとしていたハンバーグ、箸からコロッと落ちちゃった。

「なーんだい!お前がプラネタリウムで寝こけた話かぃ。」

そう言いながらさっさと夕飯を平らげ、
「早く食べちゃいな、片付くものも片付かんわ。」

と、食器を片付けて、“華”と寝室へ行ってしまった。
取り残された僕は、足元に近づいてきた“まる”と目が合うと

 

「べつにいいじゃん、夢の話だってさ。」

 

僕は切ない気持ちと一緒にハンバーグを頬張った。

 

(その2に続く)

 

 

 

 

人の評価は、他の人たちの意見よりも、その人が他の人たちについてどのように言っているのかでより分かるものです。 ポストカードのセミオーダー!? 
another sense.では、
ブログにある名言
+
Portfolio内にあるフォトアートの組み合わせ
もしくは
お好きな言葉
+
Portfolio内にあるフォトアートの組み合わせ
にてポストカードやパネル、Tシャツを作製することが可能!
画像¥5000~
デザイン料(原画データjpegもしくはpin )¥5000~
承ります。
製品でのご希望の場合は
画像+デザイン料+製作料×個数+送料
★大切な人への贈り物
★お部屋に飾るインテリアパネル等
詳細に関してはSemi Ordermade内にて!
見積もりお問合せ(contact)で受付中!

 

ページトップへ戻る