『Independent Tokyo2019』楽日過ぎて。。。

この度はご来場ありがとうございました。another sense.の中の人です。

イベント出展を経験していくと色々な知恵が付きます。

一期一会。色んな出会いがあってたとえその時のみの出会いであってもたくさんの学びがありました。

チャレンジすることは成功より意味があることがある。

私のモットーです。

今回の結果を真摯に受け止め、また新しいアートのカタチを模索しながら活動していきます。

 

今回は本当にありがとうございました。

 

IndependentTokyo2019_inv

『Independent Tokyo2019』初日

こんにちは。anther sense.の中の人です。

今月のイベント『Independent Tokyo2019』が始まりました。

2日間のアートの戦いです。

本日はたくさんの方に私の作品を見て頂きとても感謝しきれません。

…と、ここで以前より私の頭をかすめていた疑念がありました。

その1、(絵画のような)加工写真はアートではないのか?

その2、写真やイラストや絵画では、被写体(人間・フード・動物・列車や飛行機など)が無ければ魅力がないか?(注目度が低いのはなぜか)

その3、上記の2点が成立していなければ、アート作品としての評価が出来ないのか?

 

…それ以外にも、『加工写真』というと、美肌や眼や手足を美しくするというネガティブなイメージを抱いている方や『加工』なんてPhotoshopで簡単に出来るじゃんというネガティブなイメージを持っていそうな雰囲気すら感じる。(※個人の感想です)

正直に言います。

Independent Tokyo2019のシステムでは来場者からは『いいね』シールを貼られたり、審査員からの『オススメ』シールをもらうことが出来ませんでした。

つまり、来場客の共感を一つも得られることが出来なかったということです。

しかし、それはモチーフだったり、元からある認識(Photoshopがあればすぐ加工出来る)などの間違った認識(誰でも使えるソフトな訳ないでしょ技術が必要です)ということで軽視されているのでしょう。

今回は出来ませんですが、今後このような日本人の認識がこれだけ違うのだという実験が出来るように機会を作っていこうと思います。

IMG_20190817_095111848_2IMG_20190817_095100003_2IMG_20190817_095026454_2

IMG_20190817_095043072_2IMG_20190817_145756431_2

 

 

 

詳細

『Independent Tokyo2019』

8月17日(土)10:00~19:00

8月18日(日)10:00~18:00

ヒューリックホール

東京都台東区浅草橋1丁目22-16 ヒューリック浅草橋ビル2F 

↓の画像を受付にて提示すると入場料500円が無料になります。

 

IndependentTokyo2019_invIndependentTokyo2019_atena

 

ご来場にてお会いできるのを楽しみにしております。

意外と知らないファブリックボードの展示方法

こんにちは。another sense.の中の人です。

さて、ファブリックボード、またはファブリックパネルというのをご存じでしょうか。

布にプリントされたイラストや絵画、または素敵な柄の布を機枠に張り付けた、壁にかけるインテリアの一つです。↓こんな感じ。

IMG_20190618_131130853_2

または自然に立てかけて飾るのも絵になりますね。

IMG_20181101_142413550_2

日本ではあまり壁に絵画をかける習慣はありませんが、カフェやホテルの部屋などに飾ってあるのを見たことあるかもしれませんね。

寝室や居間などの壁に個性的なファブリックボードの飾ったりしたいけれど、どうすればいいのか分からないっていう方いませんか?

今日は、壁とパネルにちょっとDIYして壁にかけられるようにする方法を紹介します。

壁にはくぎを打ったり、画鋲を打つ方法はたやすく想像できるかと思います。

でも、釘を打つと穴が大きくなるし、画鋲は強度が弱くてパネルが落ちてしまう。

なんて、心配してしまいます。

最近はこんな画鋲があります。

20190815_162709

こちらは、画鋲ながら1フックあたり3㎏まで耐えられるものがあります。

画鋲みたいに抜きあとは小さいのに釘なみに強度があります。

こちらは価格も500円以下なので手ごろに設置することができますね。

そして、パネル裏にDIYをします。

20190815_123837

必要なのはマルカン、金づち、定規、そして印付けのために鉛筆。あと、マルカンを打つための穴開けのために画鋲があると便利です。ほとんど100均で手に入れられるものです。

20190815_124633

最初に、マルカンを付ける箇所を定規で測って印を付けます。その後画鋲でその箇所を指してちょっとグリグリして穴を広げておくとやりやすくなります。

20190815_123801

その後マルカンを金づちで半分くらいまで打ち、ねじり込みます。

20190815_123748

そうしてから、紐を輪に通してワッカを作り完成。(ごめん、撮ってなかった。)

簡単なDIYでオシャレ部屋を飾ってみませんか?

 

8月17日18日は『Independent Tokyo2019』です。

詳細

8月17日(土)10:00~19:00

8月18日(日)10:00~18:00

ヒューリックホール

東京都台東区浅草橋1丁目22-16 ヒューリック浅草橋ビル2F

主催;タグボード

入場料500円(ただし、ポストカードの画像↓を受付に見せると無料になります。)

IndependentTokyo2019_invIndependentTokyo2019_atena

 

ページトップへ戻る