何のために意味なんか求めるんだ?人生は願望だ、意味じゃない。

『What do you want meaning for? Life is desire, not meaning.』

                     Charlie Chaplin

 

 

英国のコメディアン、チャップリンの言葉です。

あなたは子どもの頃悲しいことがあった時、自分なんで生まれてきたんだろうなんてまるでどん底な気分になったことありますか?

昔はつらいこと悲しいことあった時には一人そんなことを考えながらガンガンに落ち込んでいました。

でもいつからか、ふと気づきました。

生まれることに意味なんてないんだ。奇跡だと世論ではそう言うが、結局は他人にとって自分は結局他人であり、子供だろうが女だろうが男だろうが、たまたま必要とされているだけで、たまたま不幸なだけで、たまたま幸せなだけで、たまたま足りているだけで…

小さいことを一つ一つ考えていったらたまたま自分が生まれ生きているだけなんだと思ったときに自分の中で納得したんです。

たまたまの自分に意味ないんだったら、自分で自分の存在に意味を付けちゃえばいいじゃん。

他人に自分の意にそぐわない意味なんか付けられて苦しんでいるそのアナタ。

この世の中は他人の言葉によって支配されていると思うことがいっぱいある。

私もそれで大きく後悔することがいっぱいあって、損することもいっぱいあった。

今でも時を戻して取り返したいという衝動に襲われることもある。

でも、取り戻せないし、これからの時間が目の前にまだまだある。

だったら、自分で自分の意味を付けちゃうんだ。

どんな意味かって?

それは自分で決めればいい。

途中で変えてもいい。

自分の中にしっくりくるものを見つけられたらそれはそれで目の前が開けてくる。

 

★あなたのペットの素敵なオリジナルブランドグッズを

お作りしませんか?

まずは、

かわいいペットの撮影

IMG_20171026_204643749

こんな感じ。

そして、どんな感じにするかを一緒に相談しながらデザイン。

IMG_20171026_204643749_20171028195947668

この時には、三角、丸、スクエア型などにも可能。

あなたの好きな形にアレンジ。

それを、オススメグッズにしたのがこちらのイメージ。

getImage

このように、トートバッグやTシャツなど、かわいいペットの

オリジナルブランドの出来上がり。

詳細などのお問い合わせは、contactにて受付中。

 

【中の人のよもやま話】武蔵小山朝活(ランチ会)参加しました。

みなさんこんにちは。another sense.中の人です。

12月年の瀬です。何かとお呼ばれすることも多い月ではないでしょうか。

実を言うと、激しい人見知りの私は知らない方が集まる会はとても苦手です。

今も苦手です。

ですが、皆も分かっている通り人とのかかわりなくして人間成長できません。

という訳で前回から約3~4か月ぶりに参加いたしました。

25446168_746703998863638_1032657451644196415_n

東京の武蔵小山駅から徒歩10分以内の大きな商店街の中にあるパレットというイタリアンのお店にて集合。

みなさん、とても温かい気持ちで迎えてくださりました。

皆異業種なので私の知らない世界のお話などたくさんうかがえたり、知らない町を散策してみたりと色々な発見があります。

ランチも絶品でした。お野菜たっぷりのペペロンチーノ

20171219125004093 

チェーン店では無く個人で経営しているお店なので、オリジナリティの高いお料理が楽しめます。

こちらはランチバイキングでのオニオンスープと付け合わせ。

他飲み物も10種類以上のお茶類やコーヒー、ジュースを楽しめます。

20171219125011888

その後も、情報交換や自己紹介の練習など語らいます。

自分の見識を広める上でとても勉強になります。ただ、本当に色々な方がいらっしゃるので、ゆっくり少人数の自分に合った会を探すのが良いですよ。

またこれからも素敵な縁を繋がっていけることを信じて、素敵な会があったらドンドンレポートしていきます!

 

嫉妬心ほど人間の心の中に、強く根づいてる感情はない。

『There is not a passion so strongly rooted in the human heart as envy.』

                      Richard Brinsley Sheridan

 

 

アイルランド生まれのイギリスの劇作家リチャード・ブリンズリー・シェリダンの言葉です。

昔、主活動を衣装屋として行っていた時代にクライアントであるある友人がいました。

その時は、劇団の公演用の衣装をデザイン製作をしていたので、当然キャスト全員を担当していたんです。

友人はその一人でした。

劇団の役者さんというのは、実にさまざなな個性を持った人が多いです。

私はその本来の個性と役処の意図をしっかりヒアリングし、デザインをしていきます。

それは友人にも同様。皆平等に扱っていました。

ただ、その友人は不満を持っていたようでした。

その不満とは…

前々からチョコチョコと冗談めいていたことを要約すると、同じキャストのイケメンさんたちに手をかけていて、自分には適当だと」といった内容でした。

なんの根拠もないことだったので、しばらくの間スルーしていたのですが、ある時不満が爆発したのでしょうね。

「○○や●●ばっかり手をかけてずるいよ!俺だってカッコよく見せたいんだよ。努力したくねーけど…」

…まぁ、最後の努力したくないけど(見せかけでも)カッコよく見せたいという問題発言に関してはまた機会がある時にでも話すとして…。

完全に嫉妬ですよね。これ。

○○や●●への嫉妬心のはけ口を私に向ける典型的方法です。

それくらい嫉妬心というのは根強い感情だということがわかります。

私は感情を殺すことは出来ないけれど、旨くコントロールすることは出来ると思います。

自分の中の暴れる感情。嫉妬。

コントロール出来ていますか?

 

 

★あなたのペットの素敵なオリジナルブランドグッズを

お作りしませんか?

具体的には、

かわいいペットの撮影

IMG_20171026_204643749

こんな感じ。

そして、どんな感じにするかを一緒に相談しながらデザイン。

IMG_20171026_204643749_20171028195947668

この時には、三角、丸、スクエア型などにも可能。

あなたの好きな形にアレンジ。

それを、オススメグッズにしたのがこちらのイメージ。

getImage

このように、トートバッグやTシャツなど、かわいいペットの

オリジナルブランドの出来上がり。

詳細などのお問い合わせは、infomationにて受付中。

喜びの先ぶれとなる悲しみの方が、悲しみを伴う喜びよりは、よりましである。

『That sorrow which is the harbinger of joy is preferable to the joy which is followed by sorrow.』

    Sa’di

 

ペルシアの詩人サーディさんの言葉です。

とても詩人らしい言葉ですね。

人生って良いことと悪いことの連続で出来てます。

最近周囲で聞くのが、介護の心配をする現在ピンピンして生活している人のボヤキ。(注意;介護をしなちゃいけないという人ではなく、将来介護されることを心配する人)

確かに巷では、ニュースなどのメディアで連日大々的に取り上げられていたりすることですっかり心配事の定番として定着してしまいました。

でも現在特に大きな病気もせず、家庭もあり仕事もあり充実しているんですよね。

なんでだか、私なりに考えてみました。

仮説理由1)幸せ過ぎて後ろめたい気持ちがある。

・日本ってある意味、苦労や苦悩という美徳があるのが常識であり、普通に幸せなのが良くない事という雰囲気があるため、普通に幸せなのがいけないという意味のない後ろめたさがある。

仮説理由2)メディアなどの世間一般で言われていることに流されているのが楽。

・所謂思考停止の方が楽ちん。って人が多いように思います。解決策はなしに人に『~で困っていて』とか『どうしても~なんですよね』とかこういえばああいうみたいな女性特有の愚痴です。

 

うーん、ああもったいない。

毎日健康で普通生活できること。パーフェクトとは言わなくとも家族で安全な生活が出来ること。優しい人たちとのコミュニティで交流できること。

なんでその幸せを享受できず、ただ人に介護(されるの)が心配とぼやけるのでしょうか。

もしかしたら、あなたがぼやく相手はもっと大変な生活しているのかもしれない。もっとつらい思いを密かにしているのかもしれないのに。

そしてなぜか、介護される心配する人は、決まって誰かを介護する心配という発想はないんですよね。

乗り越えられない試練を神様は与えることはない。

って誰かが言ってたけれど、それを信じて先の心配をしながら幸せな生活の送っているより、大きな壁にぶつかったときに「これを乗り越えたら自分レベルアップして幸せな」姿を想像しながらがむしゃらに頑張っている方が良いよな。

 

あなたのペットの素敵なオリジナルブランドグッズを

お作りしませんか?

具体的には、

かわいいペットの撮影

IMG_20171026_204643749

こんな感じ。

そして、どんな感じにするかを一緒に相談しながらデザイン。

IMG_20171026_204643749_20171028195947668

この時には、三角、丸、スクエア型などにも可能。

オススメグッズにしたイメージ。

getImage

このように、トートバッグやTシャツなど、かわいいペットの

オリジナルブランドの出来上がり。

お問い合わせは、infomationにてお願いいたします。

 

 

 

【中の人のよもやま話】額装を作ってみました。

こんにちは、another sense.です。

今回、縁ありクリスマス額装ワークショップに参加してみました。

ガラスを張り、マットを重ねて立体的に作品を魅せるのが額です。

とても繊細で額とマットの色や素材の組み合わせが繊細で色々と合わせて楽しい時間でした。

20171204_142634

色んな種類の紙があり、色や素材の組み合わせで作品の印象が変わります

今回はクリスマスというテーマで選んでいきます。

そしてアートには欠かせないマットというのはこれです!

20171204_144950

額やマットによって印象ががらりと変わる。

イラストレーターさんなど紙に印刷して作品を展開しているアーティストさんにはとても言いたい!!

額やマットで作品の質が変わります!!

普段目立たないものほど実は重要なものだったりします。

マットの配色一つとってもイラストのからくる質感、イメージ、バランス、季節感などのテーマを盛り込み作る作業はとても有意義ですし、勉強にもなります。

日本ではそういった文化がまだまだ根付いていないので理解できない人も多いですが、海外経験豊富な日本人から徐々に浸透していく感じはあります。

おっと、話が少々それてしまいましたが、何事もやってみないことには分かりません。

そして今回私がチャレンジした結果。

20171204_15084520171204_153926

ぎこちないですが、配色美しく出来ました。

今回、まとまりがなくて申し訳ない。

イラストレーターなどの作品を展示する際にはマットの存在を考慮するだけで作品の質が変わるのを認識していただけるだけで幸いです。

 

ページトップへ戻る